読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/2/28

自分史上最高に涼しい目をしている人だった。嘘みたいに綺麗な顔だけど、嫌な予感が淵に宿っていて、実際危険だった。

 

一昨日の深夜、会う直前に蕁麻疹が出た。居酒屋のトイレで暫く悶絶していたけど全く心配されなかった(鼻水が止まらなかったので気持ち悪がられなかっただけ良かったけれど)。

その日の最初早口で喋るから緊張しているのかと思って、そのまともさに安心しかけたけれど、私がいつものように表面的な話をしてへにゃへにゃ笑っていたら、それをコピーして、誘導した。

巧みとは言えなかったけれど、私の流され易さか静かな合意を見抜いて手を抜いたんだな。

そのまま外へ出て適当にキスをされ、手を引かれてホテルに行った。

私は混乱したフリをして、自分の体裁の為だけにどっち付かずな誠意を示したけれど、初めからセックスしてくれそうだったからセックスしたかった。

相手を切らしたタイミングでもあった。集合時間を深夜に設定したのも私だ。

どっちもまともとは言えないかもしれないけれど、少なくとも彼は私以上だ。

 

最初は普通にエッチした。

首を絞めるのが好きだと言っていたから私はやってみたいと言った。

首の窪みを押したりそこに噛み付いたりして、限界を探った。そのまま口を塞がれると酸欠状態になって気持ち良かった。

悦んでいるのがバレると頬を叩かれた。

首を締めて少し経ったらキス、殴る、キス、叩く、キス……。

飴と鞭を交互に与えて、これが調教か、と思った。全く愛情を感じないので只々痛かったけれど、これに耐えられない自分が嫌だったからぶたれ続けた。

コードで腕を縛られ目隠しされ、体中何度も殴られた。

可哀想な自分が最高にかわいかった。

痣だらけの体を抱いてぼろぼろ泣いている自分が最高にかわいかった。

かわいい可哀想な私を演じたら痛かったね、と言って抱きしめてくれた。でも、何を、どこまで見抜いてこれをやったのか分からなくて、考える程恐ろしかった。

一通り終えた後部屋を明るくして、私の背中とふとももにできた痣や傷を撫でながら、痛い場所を丁寧に説明された。

叩いたのは初めてだと言っていた。それが本当ならもっと怖い。

彼は自分の爪の話をした。噛む癖が治らないらしい。ズタズタで炎症を起こしていて、確かに酷かった。ある意味自傷癖だよね、とぼやいた。私はうまい言葉が出てこなかったから指先を哀れんでキスした。朝7時を回っていた。

 

爪のこと、さみしいのかな?と聞いたら、そうかもね、と答えた。でも、女にモテるし、家族は仲が良いし、俺は絵も上手いと言った。

私のことすぐやれそうだなと思った?と聞いたら、断らなそうだと答えた。もっと自分出した方がいいよ、と言って数十秒後に寝息を立てていた。

私は新しい煙草を開け、彼の財布から三千円抜き取って、一人で退室した。

ドアの前に清掃員のおばさんと洋服を着せられた小さいパグがいた。パグはおどおどしていて零れ落ちそうな瞳をしていた。火うち箱の犬。しゃがんで手を広げたら擦り寄ってきてかわいかった。

そのまま六本木へ向かった。今この可哀想な私は、全然かわいくなかった。

2015/12/25

映画を半分観た

スカーレット・ヨハンの東京の涙。

足の裏の熱をベランダの手摺に奪われる

 

満月で火をつけた

ニセモノの黒髪が焦げた

私は私の煙草を吸った。

 

<iframe width="100%" height="166" scrolling="no" frameborder="no" src="https://w.soundcloud.com/player/?url=https%3A//api.soundcloud.com/tracks/239061508&color=ff5500&auto_play=false&hide_related=false&show_comments=true&show_user=true&show_reposts=false"></iframe>

2015/12/10

久々に講評に出た。何ヶ月ぶりだろう。自分以外の人はそれぞれのあるべきところへ、そうとは限らないかもしれないけれど、人間として前進しているのを感じた。本当に、感心して、次に落ち込んだ。また逃げようかと思った。

自分こそ本当に場違いで、自分はなんてつまらない、自分の言葉は稚拙で、語ることで作品を汚してしまいそうな気さえして何も言えなかった。いや、本当はつまらないやつと思われるのが怖いだけなのかもしれない。がっかりされたくないだけなのかもしれない。何か伝えるための言葉を考えていると純粋にその作品が見れなくて、もうだめだった。未だにこんなことを考えているのだ。

ごめんね。誰もが素敵で、面白くて、愛しいと思ったけれど、自分が破裂しそうで、ぐらぐらして、沈黙してしまった。

好きだと思ったことを好きだと伝えるための言葉を持ちたい。ぼんやりしてちゃ、だめなんだ。

 

私は彼女の作品(と言っていいのだろうか、彼女は否定している)の話を聞いたとき頭の中でMotion Picture Soundtrackが流れた。胸の中にある水風船が膨らんで破裂しそうだった。彼女は真の意味で優しい、優しいという言葉ではとても足りない、愛のある人だと思った。

神様みたいだ。神様ってなんだろう?

2015/11/29

今日の夕方見た夢。私は子供で、ドラッグでふわふわしていた。気持ちよかったけどヤニクラがちょっと強まったくらい。あたり一面床が白い粉だらけの倉庫で、快感よりも恐怖が上回り逃げ出そうとしたらあっさり捕まった。双子の男の子も一緒に捕まった。真っ黒で影の塊みたいな大人の男が寄って集って、手加減はなかった。狭いガラスケースの中にある大量の白い粉の見張りをさせられた。もうもうと粉が舞っていて、私たちはみるみる衰弱していった。双子の一人はもっと粉に近い場所にいて、体が溶けかかって死にそうだった。私と双子のもう一人はもうだめだね、とどうにもならない最悪の気分で膝を抱えていた。するとシャッターが下りてぐちゃっと溶けかかった体がつぶれてこちら側に目玉が片方残された。そこからその双子にそっくりの小人が生まれた。目玉がそのまま小人の目玉で、顔だけやけに大きくバランスがおかしい。しかし双子のもう一人は喜んだ。私の腰にはコードが付いており、小人と繋がれていた。双子のもう一人は無理やりコードをちぎった。痛かった。その先延々痛みが伴い、私は死にたかった。

夢から覚め数時間経った今でも腰にコードがついていた感覚が残っている。

10111010111100101100011011111100101001001100111011001100111010111010000110100010101001001010010010100100110001001010010011100010110001101111100010100100111011111010010011000011101001001100011010100100101001001010010011101011101111101110110010111101111010101010010011001011101100001110110010111111110011011010010011000000101001001100001110100100101111111010000110100011101110111101001010110110101000011010010010101100110010011101010010111010110111111010010011001110101110111101001010110110101000011100100111110100101100101011000010100100110011101010010011101000101001001010011010100100110000001010010011000011101001001011111110100001101000111011110011101010101110101110111010100100111010101010010011001110101001011101011010100101111010011010010111110011101001011011001110100100110010111011101011000010101001001100001110100100110001101010000110100010101001011110111110100101101011111010010111101111101001011010111110100100101110011010010011101011101001001110001010100100110011101010010010101100101001001011111110100100101011111010010010110101101001001111001111000101101111101010010010101100101001001100001110100100110001101010010010100100101001001110101110100100110011101010010011110010110001001010111110100100111000011010010011000110101001001010010010100100101111111010010010110001101001001110110010100100110010011010000110100010101001001100100110100100111011001010010011100010110001101011000110100100101110001101010010111100101001001100111010100100111010001010010010100110101001001100101010110011101001011011111110100111101001001100011110100001101000101100111011011000101100111101010010100100110010111010010111001110101001011010010010100101101110101010010010101100110001101111111010100100110000111010010011000110101001001100011010100001101000101010010111010111101001011110110110100101101110001010010110100111101001011010111110100101101111111010000110111100101001001100011110110001110001111010010010110111101111011101000010100100101101011010010011101100101001001011111110100101110110101010010111101001101001011101101010100101111010011010010011001110101111111010100010100100111011001010010011101001101001001110110010100100110010101010010010100100101001001110001010100100110011101010010011011111101001001011111110100100101001001010010011000000101000011010001100001101
00001101
11001001111101111010010010101100101111111110000110100100101011111010010011001000101001011101001110100101110010111010000110111100101001011110101110100100110011101011101110100100101001001110110010100100111010111011001010111011101001001100100011000111111101101100100110111001101001001010110010110011111001001010010011101100101001001110101110100100111010001010010010100110101001001100101010110010101110111010010010101100101001001011011110100100110001101010000110100010101001001011001110100100101100111010010011001111101001001011001110100100111100111010010011001010101001001100101110110110101110011010010010100100101111101110110010111101111010101010010011000000101001001100001110100100101111111010010011101101101001001010011010100100101010111010000110100010101001001100100010111011110101111010010011000011101001001011111110100001101000111011010111011011101001001010010010111001111111101010010011011110101001001110110010100100111010111010010011101000101001001010011010100100110010101011000011000111101001001100011110100100110011111010010011001010101001001010111110100001101000101011010111110001110000001110010010100100101110011010010011101011101001001110100010100100101001101010010011001010101001011011000010100101111011001010000110111100101000011010001100001101
00001101
110000101110011111000000101010101010010011001110110000111110011010100100110001111011000011101100101111111100110110100001101000101010010010111101101001001100111010111110111011001011110111101010101001001100011110100100101001001010010011000100101001001110001010110100101101101010010010111000101001001110101110111000110010011100011011001000101001001100100011000110101100011010010010111000101111001110111111001110111000001010010011001110101001001110001010100100110011101010010011000000101001001100001110100100101111111010000110100011

2015/8/28

ラブ&ポップを読み終えた。力任せに女性を支配したがる男。若くて可愛い女の子に自分の自慢話をする男。孤独だ。求める側は孤独なのだ。
オスメスとしての肩書き、双方が何を望んでいるか、伝言ダイヤルの場面が面白い。年齢、身長、体重、スリーサイズ、金額…
中学生から高校生くらいまでの女の子、と指定してくるおじさんとかって何なんだろうと思ったけど疑似恋愛を望んでるのだとしたら納得がいくような気がした。その年齢が最も恋愛に依存しやすいというか、純度の高い恋愛をしている、と思う。
マックでの機械的なレジのやり取り。渋谷の街を行き交う人々の会話。こういう映像的な文章書くところが美術やってた人っぽいなと思った。実際映像になってるけど。
昨日の夜、いつも賑わっている場所に一人だった。子供が不在の子供部屋のようだった。手作りのブランコに座って、ワクワクするものがたくさん転がっているのを眺めていたけれど、どれも同じ埃のような灰色で、輪郭にノイズが入ってて、プロジェクターで映し出されたペラペラの触れられないものみたいだ。
風が吹くとビニールの擦れる音と薄氷が割れるような音がして、ここはこんなに狭い場所だったろうか、と思った。吸い込まれるような闇ではなく、拒絶するようなグレー。
大勢の中で一人、その場所でいつも感じる孤独と同じ種類のものだった。

2015/8/19

140文字を窮屈に感じたのでブログを開設した。

けどこれしか書けなかった